忍者ブログ
 2012年1月からインドネシアから横浜に本帰国して暮らしています。パパ、小4のハル10歳、小2のネネ8歳、ナナ6歳の5人家族です。  04年から07年まで過ごしたケニア・ナイロビ生活、08年から11年末ジャカルタ生活。  ポレポレ&ティダ・アパアパに生活しています。                                        『記事のタイトルをクリックして、コメントを送っていただけたら、嬉しいです』
[74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [57] [67] [66] [65]
カンファランスセンター 
 
 ナイロビは人口約260-270万人の「アフリカの大都会」です。 市中心部はビジネス街で、高層ビルが建ち並んでいます。 その中に、一際目立って高いビルが「カンファランスセンター」です(写真左)。

 1973年に建てられ、相当に古いのですが、特徴的なデザインでケニアの紙幣にもデザインされています。そのたたずまいは、ナイロビ市内の象徴的な存在です。

 これまで3年間、いつも「あそこに上りたいなあ」と見上げていたカンファランスセンターについに上ってきました。意を決して! 

 ビルの入り口では、空港のような持ち物検査がありました。 ビル内のオフィス関係者でない人は1階の受付で入場料を払わないといけませんでした。 ちなみに、大人1人100シル、子供は半額でした。 

 ビルのエレベーターは意外なほど速かったのですが、かなりボロかったです。 屋上にはヘリコプターの発着場もありました。 屋上からは、市内の景色が360度、一望に見渡せます! 

 広々と緑の原っぱが広がるナイロビ国立公園、遠くンゴング・ヒルズの山並み、鉄道駅、ナイロビ市内のビジネス街、などなど、本当に素晴らしい眺めでした。

 ここには昔、レストランがあったのですが、今は廃業しているそうで、もったいないなあ、と思いました。  

  これまで3年間、排気ガスをもうもうと出すポンコツ車が渋滞する道路をいそがしく行き来する日々でしたが、同センターの屋上から眺めますと、「野生の動物がいるサバンナと近代的なビジネス街」が混在する、その不思議なナイロビの風景に改めて驚かされました。

 ナイロビを訪れた際には、ぜひ一度上ってみてください。
  
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ぷろふぃーる
HN:
ふっちんち
性別:
女性
自己紹介:
 ☆ 2012年1月3日 ☆
 ケニアからインドネシアへ、そして私達の母国、日本に戻ってきました。

◎当ブログの画像に関する著作権は    『南色日和 ポレポレふっちんちケニア生活』に属します。 

忍者ブログ無料版は広告が入るようになりました(泣)
私が貼り付けたものじゃないのですぅ・・・読みにくくて悲しい・・・
人気投票
コメント
[12/17 Nora Kohri]
[07/13 マム]
[05/19 backlink service]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/07 ekko]
[05/04 LadyM]
[04/23 monchack]
[04/23 ふっちんち]
ブログ内検索
カウンター
トラックバック
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.