忍者ブログ
 2012年1月からインドネシアから横浜に本帰国して暮らしています。パパ、小4のハル10歳、小2のネネ8歳、ナナ6歳の5人家族です。  04年から07年まで過ごしたケニア・ナイロビ生活、08年から11年末ジャカルタ生活。  ポレポレ&ティダ・アパアパに生活しています。                                        『記事のタイトルをクリックして、コメントを送っていただけたら、嬉しいです』
グレースとマイケル カメレオンは2匹を同じカゴに入れて飼っては駄目と書いてあったのですが、我が家では同じカゴに入れて飼い始めました。カゴが1つしかなかったので…。最初はメスで体の小さなグレースが可哀想なほど緊張して体の色を真っ黒にして固まっていました。体の大きいオスのマイケルは全身をきれいな緑色にし、我が者顔で動き回っていました。ところが、いつの間にか、地位が逆転!エサのバッタを与えると、小さなメスのグレースがいつもキャッチし、オスのマイケルがバッタを食べようと少し体を動かしただけで、グレースは体を左右にゆっさゆっさと揺らし、威嚇(いかく)し始めます。大きな図体のマイケルは怯えた様子で一匹も食べられない日があるほど。意外な展開にケニア人のお手伝いさんらもビックリです。「我が家ではカメレオンまで女の方が強いのかあ…」と、夫もため息をついてました。しばらく様子をみて2匹を離して飼うことも検討していたのですが、なんと今夜9時、2匹は頭と首を重ね合わせるようにして寝ていました。でも、よく見ると、あごを相手にのせて偉そうなのはメスのグレースで、うつむいて下で寝てるのがオスのマイケルでした。今後2匹はどうなるのか、明日がまた楽しみです。仲良くなって欲しいのにな…。
PR

マイケル「でえ~、でかい!」 カメレオンベビー達との悲しい別れをした後、落ちこんだ気持ちでうちに戻る途中、先に仕事に戻ったはずのミスターカメレオンこと庭師のジョージが全長30cm近い大きなカメレオンを手に持って、私たちを待っていました。全身、ポスターカラーの緑色と黄色のきれいなカメレオンで「これはオスだぞ」と口数の少ないジョージが自慢げに差し出しました。 まさか、この巨大なヤツもうちで飼うの? 隣に立つパパを見ると、いかにも嬉しそうな目。 そんなこんなで、ベビーたちが去って寂しくなったばかりの我が家には、そのわずか15分後に新しい家族がやってきたのでした。 オスなのでマイケルと命名、メスのグレースと仲良くやっていけるかな? 今日は幼稚園の友達でオーストリア人の子のイマヌエルのうちにお泊まりに行ったハルが明日、マイケルにどんな反応するか、今から楽しみです。うしし。

さよならbaby カメレオンベビー達のエサ集めが予想外に難しく、せっかく取ってきたアリなどをあげても、うまく食べることができない日々が続きました。これ以上、ベビーを飼育するのはできないと、ついに決断。今日、母親のグレースがいた同じ場所にベビーらを放してあげることにしました。我が家で勝手に命名した「ミスター・カメレオン」こと庭師のジョージに案内してもらい、彼の手からブーゲンビリアの細い枝が垣根になっている現場にベビーたちを放すと、みんなワラワラと動いて枝をどんどん渡って行きました。さようなら、ベビー達、そして、たくさんの幸せな気持ちをありがとう…。 いつの間にか、泣きそうになっていました。 「小さな虫を上手に見つけて食べるのよ、鳥さんに見つからないようにするのよ。みんな、生き抜くのよ」。 心の中で独り、何度も念じていると、ジョージはさっさと仕事に戻るわ、ネネは「隠れん坊しようよぉ」と言い出すわ、ナナはマーガレットの腕の中で寝てるわ、で、みんな思いっきり、あっさりしていました。ひょっとして私だけ・・・。

grase 19匹のベビーを産んで、みんなを驚かせた愛しのグレースちゃんです。ちょっと怖い写真ですが、素顔はもう少し可愛いです。出産後は食欲も増えて、舌をビヨーンと延ばして、エサをパクパク食べています。日差しを浴びると、機嫌が良くなり、全身がきれいな薄い緑色になり、緊張したり怖がったりしたときは、黒っぽい色に急変します。エサを食べた直後は、のどの色がきれいな黄緑色になり、ご機嫌なことがよく分かります。
 なんと、カメレオンベビー3匹が脱走しました! 夕方、買い物から戻ると、カメレオンベビーのカゴをマーガレットがお掃除していました。良かれと思ってしてくれたことなのだけど、何においても適当な彼女のこと、かなり不安になって数えてみたら、やっぱり…。 16匹しかいないじゃない、 ショッ~ク! 泣きたい気持ちと怒りとで、ものすごく落ち込んでいると、マーガレットが「ここに1匹いました!」と報告。 あっさり部屋のソファの後ろでみつけた後、残りの2匹は明日ちゃんと探します、と彼女なりに責任を感じてか、落ち込んだ様子で帰宅していきました。
 夜、仕事から戻ってきた夫に残念な報告をし、2人でぼんやりと窓を見てた時です。 ん? カーテンの開閉のヒモ、なんかあそこだけちょっとだけ太い…ような…。近くに行くと、いたのです! ベビーがヒモにしがみつき、きっちり目を閉じて寝てました。 あと1匹か~と何気なく上を見上げたら、そのヒモの最上部分にもう1匹! やったー、万歳! も~あなた達、どんなにマムは心配したことか。 2匹ともかわいい様子で寝ていたので、明日の朝、カゴに戻すことにしました。もちろんマーガレットの携帯にも無事だったとメールしましたが、返事はなし(そんなもんか~おいっ)。とにかく、19匹のベビーは、きょうも元気です。
 カメレオンベビーに何か食べさせなければ…と、日々頭を悩ませ続けていました。今日は幼稚園から戻ってきたハルとネネを連れて庭へ。何か小さな昆虫をと探していたら、ハルがダンゴムシの大群を発見! 私は、ギョッとした様子を隠しつつ、「早く捕まえなさい」と指示します。 素手でダンゴムシを捕まえるハルとネネの背中を見つめながら、この子達もたくましくなったんだな~としみじみ。 昆虫採集がすんだら、庭師が掃き集めた枯れ葉の山に飛び込んで遊ぶ子どもたちでした(ごめんね…庭師さん達)。
部屋に戻って、カメレオンベビーに与えたところ、ダンゴムシよりも、紛れていた小さな黒アリをもりもり食べていました。何はともあれ、ベビー達よ、食べてくれてありがとう。
 家族一同が見守る中、19匹みんな元気です。
 怖がらずに何でも触る長女ネネ(3才)と、つねに距離を保って心配そうに見守る次女ナナ(1才)。
 我が家に新しい命が生まれました。
 昨年12月、長男のハルがご近所で飼っていたカメレオンを見て、自分も飼いたいとゴネ始めました。コンパウンドで雇っている庭師のジョージに、「庭で見つけたら教えてね」とお願いしたところ、2日後に「見つけたよ」と我が家に持ってきてくれました。早い・・・
 それはケニアなど東アフリカに生息するジャクソンカメレオンという種類で、メスっぽいので「グレース」と名付けて飼うことにしました。
グレースのお腹が少し大きいなと感じてはいたのですが、初めてカメレオンを飼うので、そんなものかなあ、と思っていたところ、今朝、突然、19匹のベビーを出産したのです。さらに驚いたことに、ジャクソンカメレオンは卵ではなく、胎生だったのです。
 ハルとネネを幼稚園に送り、うちに戻ってきてびっくり!グレースのカゴの周りを19匹の2cmサイズのベビーがウロウロと徘徊してました。かわいい~!
 ケニア人のマーガレットやシープローズも、カメレオンの赤ちゃんを見るのは初めてと驚き、新しい命に嬉しそうにくぎ付けになっていました。
 マーガレットなどケニア人の間では、なぜか、カメレオンのメスは子供を生むとき、お腹が破裂して死んでしまう、と信じている人が多く、子供を産んだ後も平気な顔をしているグレースを見て2度びっくりしていました。

 餌のバッタを採取する仕事も増えてしまったマーガレットとシープローズです。忙しくなったはずなのに、なぜか楽しそうに庭でバッタを追っかけています。

 新年早々、幸先良いスタートです。
HOME
ぷろふぃーる
HN:
ふっちんち
性別:
女性
自己紹介:
 ☆ 2012年1月3日 ☆
 ケニアからインドネシアへ、そして私達の母国、日本に戻ってきました。

◎当ブログの画像に関する著作権は    『南色日和 ポレポレふっちんちケニア生活』に属します。 

忍者ブログ無料版は広告が入るようになりました(泣)
私が貼り付けたものじゃないのですぅ・・・読みにくくて悲しい・・・
人気投票
コメント
[12/17 Nora Kohri]
[07/13 マム]
[05/19 backlink service]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/07 ekko]
[05/04 LadyM]
[04/23 monchack]
[04/23 ふっちんち]
ブログ内検索
カウンター
トラックバック
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.