忍者ブログ
 2012年1月からインドネシアから横浜に本帰国して暮らしています。パパ、小4のハル10歳、小2のネネ8歳、ナナ6歳の5人家族です。  04年から07年まで過ごしたケニア・ナイロビ生活、08年から11年末ジャカルタ生活。  ポレポレ&ティダ・アパアパに生活しています。                                        『記事のタイトルをクリックして、コメントを送っていただけたら、嬉しいです』
[158] [155] [151] [150] [154] [149] [153] [152] [148] [88] [146]
ganesya ジャカルタ日本人学校の夏休みはたったの3週間あまりで、7月下旬から8月17日まででした。学校まで高速道路を利用して約一時間かかるので、また朝5時半起きの生活の始まりです。

 自宅から遠く、よほどの用事がない限り、出かけないJJS(ジャカルタ日本人学校)なのですが、今日はボランティアに参加するため、久しぶりに行ってきました。

 写真はヒンズー教の学問の神様、頭部が象の「ガネーシャ」。校舎の入り口に、ずんぐりと鎮座しています。
私はこの神様になぜか愛着があって、そばを通るたび、さりげなくお腹にタッチ!してます。

 さて、なぜこんなに夏休みが短いかというと、春休みが先生の交代時期もあって1カ月以上と長いことと、イスラム教徒の多いインドネシアでは毎年、日本にはない特別の休みの期間があるためかもしれません。

 イスラムの国では「ラマダン(断食月)」の後に「レバラン」という、1年で最も大切な休暇が2週間ほどあり、学校もお店もすべてお休みになります。インドネシアではみんな故郷の実家に帰るので、日本のお盆とお正月を足したような長期休みになるのだそうです。

 当然お手伝いさんも、運転手さんも、田舎に帰ります。そのため、ジャカルタ在住の外国人達は、このレバランの時期に、ヒンズー教徒が中心のバリ島に旅行したり、一時帰国したりするようです。レバランの時期だけは、ジャカルタが本当に静かになるんだそうです・・・。

RIMG0021.jpg左の写真は、ずらりと並ぶスクールバス。不況のあおりを受けて、本帰国ラッシュがあったものの、今年度も児童・生徒計671人のマンモス校です。





 90b16f0d.jpgRIMG0022.jpgスクールバス横を歩くと、「スラマット・シアーン(こんにちは)」と明るく挨拶してくれる、運転手さん達です。

 水道近くで、顔を洗ったり、足を洗ったり、靴まで洗ったりしています。皮靴なのに水洗い(笑)。写真右は乾燥中。

 子供達の学校が終わるまで、待っていてくれる運転手さん達。「写真?撮ってもいいよ」と気持ちよく了解してくれました。
 右のオジサンはTシャツを着ようと慌ててますが・・・もう撮っちゃった~。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして。
数年前までジャカルタで暮らしていました。記事の中で気になる箇所がありコメントいれさせてもらいました。
今年のレバランはたまたま9月ですが例えば7年前は12月、クリスマス前でした。これはイスラム暦の9月にあたる時にラマダンが始まるのですが実際の9月とは異なり毎年少しずつずれているせいです。
JJSの夏休みが短いのはたぶん春休みが先生の交代の時期と重なることもあり一ヶ月以上あるためだと思われます。おせっかいなコメントで失礼しました。
みみ 2009/09/02(Wed)01:02:38 編集
>みみさん、ありがとうございます。
みみさん、コメントありがとうございます! たしかに春休みが長いことも理由にありますね。うっかり書き忘れていました。レバランも毎年ずれるのは理解していたのですが、12月になることもあるのは知りませんでした。お陰様で間違いをただせました。有り難うございます!さっそくブログを修正します。
 御帰国後、日本から見るインドネシアは如何ですか?ぜひ、またコメントを送って下さい!
ふっちんち 2009/09/02(Wed)09:01:52 編集
無題
人間は色々な生活(宗教、風習など)をしているのですね、 プラス個々に持つ生活観・・・  世界中の人達がそれらの事に折り合いをつけながら仲良く暮らすのは難しいのかもしれません。
それでも、受け入れ我を忘る事無く生きていければどんなにhappyでしょうか
わ〜こ 2009/09/02(Wed)09:26:36 編集
>わ~こさんへ
コメントありがとうございます。「我を忘ることなく・・・」いい言葉ですね。
色んな、本当に様々な考えがあることに触れる度、自分自身をしっかりと持って、更に幾つになっても人の意見を聞ける姿勢でありたいです。

が・・・実際は、色んな考えに一喜一憂ドタバタしています。(^_^;)
ふっちんち 2009/09/02(Wed)13:33:44 編集
無題
早速のレスありがとうございます。大好きなインドネシアの事となるとついつい熱くなってしまって^^;
ところで今日の地震はかなりの揺れだったと聞いています。皆さん大丈夫でしたか?JJSは子供も私も大好きな学校でしたがこういう緊急事態のときはもっと近かったらと思いますよね。
帰国してから思うのは「またジャカルタで暮らしたい!」ということ(笑)、魅力満載の国だと思います。問題も満載ですけど・・・。
またおじゃまさせて頂きますね。
みみ 2009/09/03(Thu)01:10:09 編集
無題
すごい!マンモス校なのですね!自宅から1時間!でもその中もキット楽しいんでしょうね!
ここだけの話、パパが「そろそろJKTの空気が吸いたい」と無理やり出張を企てようとしています(笑)さて、2日に地震があったようですが
大丈夫?きっとJKTは平気ですよね。大丈夫?
レバランの時期、子供の小さかった私達はずっとシャングリラに潜んでいました。なつかしいわ~。
kiki 2009/09/03(Thu)14:17:07 編集
>みみさん へ
昨夕の地震はM7・0でかなり揺れましたが、幸い私達は被害はありませんでした。
今回、地震に対してよりも、インドネシア人の人たちの慌てぶりに驚かされました。色んな意味で魅力満載なんですね(笑)
ぜひぜひ、また遊びにいらしてください!
ふっちんち 2009/09/03(Thu)21:36:49 編集
>kikiさん 
ものすごいマンモス校で、ナイロビ日本人学校と比べられない程の違いですね。
息子は揺れるスクールバスの中で宿題をやりながら帰ってきて、気持ち悪くなったーとこの前言ってましたオバカ(^_^;)バスでは寝ればいいのに、普段はやっぱりお喋りが楽しいみたいです。これも、いい経験かもですね。
それにしても~kikiさんご主人様ったら、ジャカルタの空気が恋しいとは~(爆笑)私の場合、ジャカルタは面白いけど、呼吸はなるべくしたくない・・・カナ(笑)「出張」でぜひお越しください!
ふっちんち 2009/09/03(Thu)21:57:39 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ぷろふぃーる
HN:
ふっちんち
性別:
女性
自己紹介:
 ☆ 2012年1月3日 ☆
 ケニアからインドネシアへ、そして私達の母国、日本に戻ってきました。

◎当ブログの画像に関する著作権は    『南色日和 ポレポレふっちんちケニア生活』に属します。 

忍者ブログ無料版は広告が入るようになりました(泣)
私が貼り付けたものじゃないのですぅ・・・読みにくくて悲しい・・・
人気投票
コメント
[12/17 Nora Kohri]
[07/13 マム]
[05/19 backlink service]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/07 ekko]
[05/04 LadyM]
[04/23 monchack]
[04/23 ふっちんち]
ブログ内検索
カウンター
トラックバック
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.