忍者ブログ
 2012年1月からインドネシアから横浜に本帰国して暮らしています。パパ、小4のハル10歳、小2のネネ8歳、ナナ6歳の5人家族です。  04年から07年まで過ごしたケニア・ナイロビ生活、08年から11年末ジャカルタ生活。  ポレポレ&ティダ・アパアパに生活しています。                                        『記事のタイトルをクリックして、コメントを送っていただけたら、嬉しいです』
[38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [29] [28] [27]
モマニ  ケニアにいると、やっぱり子供は褒めて育てないといけないなあ、と、よく反省します(汗)。 長男のハルと長女のネネが通う幼稚園では今日、1年に1度の父母面談会がありました。 クラスでの子供らの様子を担任の先生から細かく聞き、いろいろと相談することができます。といっても、英語なので、昔は先生が何を言っているのか半分も分かりませんでしたけど。
 担任の先生によると、ハルは数字や英語も上手に書けて、負けず嫌いな所があるそうです。 他の子の意見に時々「ぼくはそう思わない」と、はっきり自分の意見を言うところが良い、と褒めてくれました。 ネネはデザインが得意で、他の小さな子らの面倒見が良いとのことでした。 わが子の良い面ばかり指摘されるので、最初は親馬鹿丸出しで、ニコニコと頬がほほ笑むのですが、途中で「ん? ちょっと待てよ。あの2人って、そこまで良い子かな?」と疑い、「我がままなところはない?」「他の子と喧嘩はしない?」と悪い点や改善すべき点などを何度も尋ね出す始末でした。
 人生大変なはずなのに、何にでも前向きでポジティブ思考なケニア人に、裕福な国で暮らすのに何でも後ろ向きな日本人って、好対照かもしれませんね。

 面談後、家に帰り、ハルに「きょう、先生がハルは勉強がすごく良くできて、本も上手に読めるって褒めてたよ」と言ってあげると、「頑張っているから、そう言うんだよ」と、意外なほどクールな反応。5歳児って大人…。
 ネネに「きょう、先生にネネが幼稚園で良い子にしてるか聞いたよ」と言うと、突然、アベェー、アブゥー、ギャーとか意味不明な言葉を連発し始めて暴れていました。 たぶん照れ隠しだとは思うのですが、3歳児の反応は時々、親にも不可解…。

 写真上はネネの担任、Mrs・モマニ。いつも弾けるように明るく、さすがのネネもちょっとタジタジ…。 
 写真下は面談の後に、ほっと一息、ティーとケニアのおやつマンダジです。ほんのり甘く、中が空洞のドーナッツです。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ぷろふぃーる
HN:
ふっちんち
性別:
女性
自己紹介:
 ☆ 2012年1月3日 ☆
 ケニアからインドネシアへ、そして私達の母国、日本に戻ってきました。

◎当ブログの画像に関する著作権は    『南色日和 ポレポレふっちんちケニア生活』に属します。 

忍者ブログ無料版は広告が入るようになりました(泣)
私が貼り付けたものじゃないのですぅ・・・読みにくくて悲しい・・・
人気投票
コメント
[12/17 Nora Kohri]
[07/13 マム]
[05/19 backlink service]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/07 ekko]
[05/04 LadyM]
[04/23 monchack]
[04/23 ふっちんち]
ブログ内検索
カウンター
トラックバック
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.