忍者ブログ
 2012年1月からインドネシアから横浜に本帰国して暮らしています。パパ、小4のハル10歳、小2のネネ8歳、ナナ6歳の5人家族です。  04年から07年まで過ごしたケニア・ナイロビ生活、08年から11年末ジャカルタ生活。  ポレポレ&ティダ・アパアパに生活しています。                                        『記事のタイトルをクリックして、コメントを送っていただけたら、嬉しいです』
[146] [142] [145] [144] [143] [147] [141] [140] [138] [137] [139]
RIMG0072.jpg 2009年7月17日 午前8時半すぎ。

 「マリオットホテルが爆発したって!テレビをつけて!」。夫がいきなり叫び、慌てて地元のニュースをつけました。

 アメリカ系の高級ホテル、JWマリオットホテルとリッツ・カールトンで連続して自爆テロが起こりました。

 この2つのホテルは、我が家から車で5分程度しかかからないところにあります。JWマリオットホテル2階の中華ビュッフェは、お気に入りのランチ場所で、よく週末に家族で食べに行っていました。
 夫は「ここはねえ、じつは5、6年前に自爆テロがあったんだよ。でも最近はテロ組織もほぼ壊滅状態だし、もう大丈夫だろうけどねえ」と陽気に話していましたが、まさか再びテロが起きるとは夢にも思いませんでした…。


 見慣れたホテルから、血まみれで運ばれる白人男性、白い布に全身包まれて運び出される人・・・。

 今、自分のほんの近くの場所で実際に起きているんだと思っても、何だか信じられません。怖くて怖くて体が震え出したので、ネネとナナを自分の身体の側に寄せて、ニュースをじっと見ていました。

 自宅前の道も、次々と救急車やパトカーがサイレンを鳴らしながら走り去っていきます。ジャカルタに住む友人からも「そこのアパート、ホテルに近いよね。大丈夫?」と心配してくれる電話がありました。

 この日、長男ハル(8才)は通常通り、ジャカルタ日本人学校に朝6時5分に出発。長女ネネ(6才)はクラスに5名の発熱の欠席があった為に学級閉鎖でお休み。二女ナナ(3才)は夏休みに入っていて、自宅にいました。

 子供3人全員を手元に置きたい気持ちが強まって「ハル、早く帰って来て欲しいな・・・」と、落ち着かない気持ちで過ごしたのですが、午後、スクールバスに先生が同乗して、いつも通り、無事に戻ってきました。

 JWマリオットは2003年にホテル入口で車爆弾テロがあって以降、車止めをホテルの入口から少し離れた所につくって車が近寄れないようにしました。

 さらに、ホテルに入るにも入念なバック・チェックを経て、渡り廊下を通らないといけないようになっており、他の高級モールや外資のホテル以上のセキュリティーだったと思います。それでも、狙われたら最後、防ぎようがないのです。

 同じアパートに住む友人のお手伝いさんは、爆発の音を聞いたそうです。でも、外国人が住む高層アパートでは、エアコンをつけていることが多く、排気ガスで空気も悪いので、窓をほとんど開けません。そのため、こんなに爆発現場から近いアパートなのに、爆音が聞こえた人は余りいなかったようです。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
良かった
ジャカルタで自爆テロ!日本人の被害者はいないとニュースで見てひと安心でした。
日本も治安が悪くなってるけど、自爆テロはないねぇ。怖いねぇ。
子供のことを思うと平和が一番だねぇ。
関係ないけどはるちゃんの六時五分出発には驚きました。
かずみ 2009/07/22(Wed)21:30:07 編集
無題
私もニュースを見てビックリしました。アパートから近いし、私もよく行っていたホテルだし、というか私が行った最後の最後のバザーもそのホテルだったよね。不謹慎かもしれないけど、ふっちーを含め、お友達がみんな無事でよかったです。そして今更ながら、私も危険な所に住んでたんだな~と実感しています。今回のことでセキュリティはまた強化されるので少しは安心だけど、ほんとにみなさん気を付けてくださいね。
たけ 2009/07/22(Wed)21:58:37 編集
そうそう
このニュースは大変気になっていました。皆さんご無事そうで何よりです。でもお近くだったのですね~、ホント背筋の凍るような思いがしますね・・・
テロ組織は消えたと思っていてもやはりイスラム教徒が多い国は何かと不安です。
イスラム教徒が悪いと言っている訳ではないのですが・・・
ところでネネちゃんは発熱はなかったの?
ともちん 2009/07/23(Thu)14:53:15 編集
>かずみちゃん
真っ先に子供のことを思うよね、やっぱり・・・。
万が一の時は、三人抱えて逃げられるよう、鍛えねば!!
そうそう、朝早いのよ~^^
ふっちんち 2009/07/23(Thu)20:00:03 編集
>たけさん
一緒にコーヒー飲んだ2階もメチャクチャです(涙) あそこは他より念入りなセキュリティーだったのにね。防ぎようがないのね・・・本当、許せないです。
AYちゃん、NOちゃんも安全に気をつけるのよー。
ふっちんち 2009/07/23(Thu)20:03:07 編集
>ともちんさん
大人しい心優しいイスラム教徒の人達も大勢いるのですが・・・一部、過激な人達がいるんですよね。残念です。
 ネネは皆勤賞狙いの元気娘です。ご心配ありがとう!
ふっちんち 2009/07/23(Thu)20:06:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ぷろふぃーる
HN:
ふっちんち
性別:
女性
自己紹介:
 ☆ 2012年1月3日 ☆
 ケニアからインドネシアへ、そして私達の母国、日本に戻ってきました。

◎当ブログの画像に関する著作権は    『南色日和 ポレポレふっちんちケニア生活』に属します。 

忍者ブログ無料版は広告が入るようになりました(泣)
私が貼り付けたものじゃないのですぅ・・・読みにくくて悲しい・・・
人気投票
コメント
[12/17 Nora Kohri]
[07/13 マム]
[05/19 backlink service]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/07 ekko]
[05/04 LadyM]
[04/23 monchack]
[04/23 ふっちんち]
ブログ内検索
カウンター
トラックバック
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.