忍者ブログ
 2012年1月からインドネシアから横浜に本帰国して暮らしています。パパ、小4のハル10歳、小2のネネ8歳、ナナ6歳の5人家族です。  04年から07年まで過ごしたケニア・ナイロビ生活、08年から11年末ジャカルタ生活。  ポレポレ&ティダ・アパアパに生活しています。                                        『記事のタイトルをクリックして、コメントを送っていただけたら、嬉しいです』
[44] [46] [43] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
moris  ケニアは今でも一夫多妻の風習が残っています。我が家のドライバーさんのモリスにも奥さんが2人いるので、ズバリ!なぜ2人目の妻を迎えたのか尋ねてみました。こんなプライベートな質問してごめんねえ…とか言いつつも、ズバリと…。

 モリスは、やっぱり男1人だと寂しいから第2夫人を迎えたと言います。 第1夫人は故郷のケニア西部カカメガで、自分たちの土地をや家畜を管理しているし、子供の養育もあるため、ナイロビには来られない。でも、カカメガの生活では現金収入が望めず、モリスはナイロビに出稼ぎにこざるを得ない。でも寂しい…というケニアでは一般的なパターンのようでした。

 さらに「第1夫人は反対しなかったの?」と無遠慮に尋ねてみました。 「自分が1人で暮らし、(第1夫人が)知らない女性らを求めながらブラブラ生活するより、きちんと第2夫人として決まった女性を迎えた方が安心する。 それに、2番目の妻は働いて、お金を故郷に送っている。 自分の給料だけでは、子供の教育費を出すのは無理だし」と語りました。 第1夫人との間にモリスはなんと子供が6人もいます。上は今28歳、下はまだ9歳だそうです。しかし、第2夫人との間には子供がいません。 

 もともと モリスは「第1夫人はもうおばあちゃんなんだ」とよく言っていました。 ところが先日、モリスのナイロビの自宅を少しだけ訪れる機会があった際、たまたま第1夫人がナイロビに来ていて、2人の夫人が家にいるところに遭遇し、それがウソだったことが判明しました。 
 第1夫人はしっかりしたお母さん風、でも、全然おばあちゃんではありませんでした。 第2夫人はふっくらとした若い美人でした。やっぱり若い人がいいのか…と。

 モリスは家に入ると、2人に「挨拶しろ」と言ったのですが、私の突然の出現に2人は表情が硬いままで、しぶしぶあいさつって感じでした。 第1夫人と第2夫人と私(第3夫人?)が同席する一室の中で、すごーく、気まずい空気が広がっていきました、なぜか分かりませんけれど。
  
 そういえば、お友達の日本人女性は「モリスって格好いい! 舘ひろしみたいで、私の好みだわ」とか以前言ってました。 (うーん、ムゼー(スワヒリ語で年輩者)だから確かに渋いけど…)。意外とモテるのかもしれません。

 その後、独身のお手伝いさんシープローズ21歳にも、一夫多妻制をどう思うか尋ねてみました。 「嫌い」と即答。 「私のおじいさんには9人の妻がいて、その妻同士の仲がうまく行ってなかったと、私の母親から聞いたことがあるから」との理由でした。「もし大好きな人がもう結婚していたら、第2夫人になる?」と尋ねると、絶対に結婚しない、と断言していました。さすが若い人は・・・。

 それで、既婚のお手伝いさんマーガレット(40歳代?)にも尋ねてみました。すると「夫がもし第2夫人を迎えたいと言ってたら、納得いく理由ならば反対しない」と意外な発言。 「相談してくれるなら、まだいい。 中には妻に内緒で、第2夫人を籍に入れてしまう人もいるから」と言うのです。

 おまけに「キクユ民族の女性は性格が激しいから、夫がそんな話を持ち出したら、逆上して毒を盛って夫を殺すこともよくあるんだ」と、聞いてもいないのに、またキクユの悪口になってしまいました。 まあ、彼女はルオ民族ですし。今年は大統領選挙があるので、キクユVSルオの対立はどんどん激しくなりそうです。 

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
モリスさん、結構男前のような気がします。
mari URL 2007/03/02(Fri)08:57:46 編集
モリスって結構ハンサム?
mariさんも男前に思う!夫よりも一緒にいる時間が長いドライバーさんだから、不細工よりはかっこいいほうがいいですが。そーかー、日本人にとってもハンサムですか。彼にも何かの機会に教えてあげようっかな。
ふっちんち 2007/03/03(Sat)03:12:49 編集
ぷろふぃーる
HN:
ふっちんち
性別:
女性
自己紹介:
 ☆ 2012年1月3日 ☆
 ケニアからインドネシアへ、そして私達の母国、日本に戻ってきました。

◎当ブログの画像に関する著作権は    『南色日和 ポレポレふっちんちケニア生活』に属します。 

忍者ブログ無料版は広告が入るようになりました(泣)
私が貼り付けたものじゃないのですぅ・・・読みにくくて悲しい・・・
人気投票
コメント
[12/17 Nora Kohri]
[07/13 マム]
[05/19 backlink service]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/07 ekko]
[05/04 LadyM]
[04/23 monchack]
[04/23 ふっちんち]
ブログ内検索
カウンター
トラックバック
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.