忍者ブログ
 2012年1月からインドネシアから横浜に本帰国して暮らしています。パパ、小4のハル10歳、小2のネネ8歳、ナナ6歳の5人家族です。  04年から07年まで過ごしたケニア・ナイロビ生活、08年から11年末ジャカルタ生活。  ポレポレ&ティダ・アパアパに生活しています。                                        『記事のタイトルをクリックして、コメントを送っていただけたら、嬉しいです』
[125] [124] [123] [122] [120] [119] [118] [116] [115] [114] [108]
 
 
 ジャカルタのレストランで食事をしていて「ぎゃ、まずいっ」と思ったことがありません。インドネシアの料理は日本では(たぶん世界的に)全く有名ではありませんが、日本人の味覚にはかなり合って美味です。

 お手伝いさんのムナさんが食事を作ってくれるのですが、いつも本当に美味しく食べています。

 ムナさんはときどき、自宅で調理したおかずや、道端で買った「ビニール入りのおかず」ももって来てくれて、お裾分けしてくれるのですが、どれも美味しいので、いつも感動します。
 
 背景には両国共通の「おコメ文化」があるような気がします。インドネシアのお米の生産量は、なんと、日本の約5倍だそうです。人口は日本の2倍ですので、いかにインドネシア人がおコメを食べているか分かります。

 インドネシアのお米には、大きく分けて、細長い粒の「チェレ」と、日本人好みの短い粒の「ブル」があるそうです。
 地元のパサール(伝統市場)のお米屋さんでは、最高級の米でも、1リットルで6000ルピア(約50円)で買えます。

 これはこれで結構おいしいのですが、我が家の場合は、これに、もち米(クタン)を混ぜます、もち米は1リットル8000ルピア(約70円)です。お店のおじさんが「もち米を混ぜると、バグース(very good)だよ」と教えてくれたのです。粘着質が増して、日本のお米っぽい食感になります。「本当に食の嗜好が似ているんだな~」と何だか嬉しくなります。

 というわけで、我が家は日本で5kg約2000円位のお米を買っていたのですが、今では5kgでわずか約300円となりました。約7分の1です。

 パサールのお米は新鮮なのですが、小石や砂が混じっているので、一度、トレーに出して、一つずつ不純物をつまみ除きます。値段が安いので、そういう手間も案外、気にならず、楽しかったりします。



 
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お米

そうですね!お米が主食の国なので、ご飯に合う味付けのお料理が多いですものね!
お陰で、4.5キロも太っちゃったけど(汗)
くまちゃん 2009/04/09(Thu)10:06:48 編集
>くまちゃんさん
そうですよねー。ご飯が進む進む・・・危険だわ~(笑)
ふっちんち 2009/04/11(Sat)12:57:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ぷろふぃーる
HN:
ふっちんち
性別:
女性
自己紹介:
 ☆ 2012年1月3日 ☆
 ケニアからインドネシアへ、そして私達の母国、日本に戻ってきました。

◎当ブログの画像に関する著作権は    『南色日和 ポレポレふっちんちケニア生活』に属します。 

忍者ブログ無料版は広告が入るようになりました(泣)
私が貼り付けたものじゃないのですぅ・・・読みにくくて悲しい・・・
人気投票
コメント
[12/17 Nora Kohri]
[07/13 マム]
[05/19 backlink service]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/07 ekko]
[05/04 LadyM]
[04/23 monchack]
[04/23 ふっちんち]
ブログ内検索
カウンター
トラックバック
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.