忍者ブログ
 2012年1月からインドネシアから横浜に本帰国して暮らしています。パパ、小4のハル10歳、小2のネネ8歳、ナナ6歳の5人家族です。  04年から07年まで過ごしたケニア・ナイロビ生活、08年から11年末ジャカルタ生活。  ポレポレ&ティダ・アパアパに生活しています。                                        『記事のタイトルをクリックして、コメントを送っていただけたら、嬉しいです』
[263] [264] [260] [261] [262] [259] [258] [257] [254] [256] [255]
kinobori.jpg 長男ハル(小4)が3才~6才までケニアで生活していた頃、なによりも英語で苦労しました。ナイロビには日本人学校幼稚部がないので、インターナショナル幼稚園に通っていました。クラスには日本人はたった一人です。登園初日に「日本人が一人いたよ!」と喜んだのも束の間で、そのクラスメイトは韓国人の女の子、プーキョンでした(笑)。初めの頃は無言を決め込み、トイレも我慢しておもらしするほどでしたが、お友達と遊んだり、幼稚園での英語レッスンをしていくうちに馴染んでいきました。英語なんて私は到底教えられないので、たった一人で無我夢中だったんだろうなと、彼の苦労を思うと胸が熱くなります。

 幼少時代の3年間の英語生活を経てから、日本で1年間、そして現在はインドネシアの日本人学校で英語とは縁のない生活が3年過ぎました。

 小学校の中学年になり、幼少時代の英語力は意外にも潜在的に残っていることが、色んなシーンで気づき、驚かされています。昨年、小学三年生の頃、突然ハルが「英検を受けてみたい」と言い出しました。
私はずっと、ハルは英検にチャレンジしないのかな?と内心思っていたのですが、彼の性格だと失敗を恐れているのかも知れない、本人が言い出すまで待ってみましょうと、見守ることにしていたのです。

 三年生で5級~チャレンジしてみることにしました。過去の問題をネットで入手して試しに解いてみましたが、予想通り全くリーディングができません。問題を読んであげると、かなりの正解率なのですが、一人で問題が読めなければ意味がありません。I 、He、 Sheも読めず、一語一句、私と一緒に読み進む調子でしたので、試験日までに間に合わないかもと諦めたくなりました。こつこつと一緒に読んでいるうちに、リーディングが少しできるようになってからは、5級、4級、3級を合格することができました。
 四年生になり、英検準2級を受験しました。さすがに単語力がないので、過去問題を一緒に取り組みました。驚くことに、単語も分からないのに彼は、並び替えの問題などを正解するのです。
 理由を聞いてみると、「なんでだか分からないけど、この順序じゃないと気持ち悪いから」と言うのです。

  理屈じゃない、のか・・・。

 昨日、準二級の筆記試験の結果通知がありました。

 「ママ、英検、落ちた・・・・・・。 嘘だよ (にんまり)」
 (こんにゃろ~脅かして~!むかっっ。 ほっと安心しました。)
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
小学生で準2級なんてすごい!!
残ってるものなんですね。
「なんかきもち悪い」か。
それこそ英語で考えて英語でしゃべってた証拠なんだろうな。
ママもお疲れさまでした〜!!おめでと〜!!!
らっち 2011/11/04(Fri)23:22:07 編集
>らっちさん
ありがとうございます。
おサルな幼少時期に体で覚えたことって、理屈じゃないのですね。
 大人の英語はどうやって身に付けたらいいですかー?
教えてらっちさん!
ふっちんち 2011/11/04(Fri)23:40:31 編集
無題
ハル君、凄いですね。おめでとう!!
私が、準2級を受けたのは、短大時代です。受かったのかどうか、記憶にありません(^_^;)

ホントに、大人はどうすれば身につくんでしょうね
イケハラ 2011/11/04(Fri)23:59:18 編集
>イケハラさん
子供と一緒に学んで行こうなんて思っていたのに、すでに子供には硬い基礎が出来ていたみたいです。
私の過去の英語学習は理屈ばかり、何だったんでしょう。(言い訳も理屈っぽい)
決定的なのは、真面目に勉強してなかったからだわー(笑)
ふっちんち 2011/11/05(Sat)00:14:28 編集
うちもw
同じく~~~。
準2級の一次試験通過しましたー。
あとは面接だね~。
ハルちゃんすごいよ。英語から離れてるのに、ちゃんと努力してそこまでこれたんだね。ママも偉いわー。
ひまりんは、努力なしなので、もうこれ以上は進めないと思う。彼女が今までインターで得てきたものの結果ということで、自分で英語の勉強をしっかりはじめるまで2級は無理だろうなぁ。私が先に2級とろう・・・・
monchack 2011/11/05(Sat)03:13:14 編集
>monchackさん
ひまりんもおめでとう☆
話せて読み書きも出来て、ひまりんスゴイよ!
机の上だけで英語を学ぶのには限界があります…。
英語圏が羨ましいです。
ほら、ケニアを離れたくなくなったでしょ(笑)
ふっちんち 2011/11/05(Sat)17:30:02 編集
生きてる言葉
う〜ん!! 素晴らしい
“しっくりくる 英語”かぁ
努力とかじゃなくて、身体に流れてる感じが羨ましいわぁ
apricotmama 2011/11/05(Sat)21:53:46 編集
>apricotmama
しっくりこなくて、気持ち悪い感触、なるほど、うまく説明できないんだなーって思いました。
英語圏に長く住んでいる子供とは、全くかけ離れているのは当然ですが、たった三年でも感覚は残るものなんですね。
驚いてます。
ふっちんち 2011/11/06(Sun)00:07:08 編集
無題
すごーーい!!その感覚こそが語学力なんでしょうね!うちも下(中1)がやっと準2受かりました。ずっと日本人学校だから良しとしようと思います。2次もがんんばれーー!
kiki 2011/11/10(Thu)23:07:07 編集
>kikiさん
smallちゃんおめでとうございます!
帰国してからの受験はさらに大変だったことと思います。テレビとか、楽しいこといっぱいですもんね。
「力」って感覚で残っていることなんですね。
いいなー(母)
ふっちんち 2011/11/10(Thu)23:13:17 編集
無題
いや~ びっくらこいた。凄いね兄ちゃん!!昨日は二次試験だった?面接は多分、問題ないでしょう。
私もまた頑張ってみようかなぁ。。。
306の小娘 2011/11/14(Mon)10:01:30 編集
>306の小娘さん
うんうん、私達も頑張ってみようね!

ずっと、この先生涯、「英語頑張らなきゃ」って言ってるかも(笑)
ふっちんち 2011/11/14(Mon)15:52:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ぷろふぃーる
HN:
ふっちんち
性別:
女性
自己紹介:
 ☆ 2012年1月3日 ☆
 ケニアからインドネシアへ、そして私達の母国、日本に戻ってきました。

◎当ブログの画像に関する著作権は    『南色日和 ポレポレふっちんちケニア生活』に属します。 

忍者ブログ無料版は広告が入るようになりました(泣)
私が貼り付けたものじゃないのですぅ・・・読みにくくて悲しい・・・
人気投票
コメント
[12/17 Nora Kohri]
[07/13 マム]
[05/19 backlink service]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/13 ふっちんち]
[05/07 ekko]
[05/04 LadyM]
[04/23 monchack]
[04/23 ふっちんち]
ブログ内検索
カウンター
トラックバック
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.